So-net無料ブログ作成

インスリン勉強会 [研修・講習会]

5月15日(月)、当院ホールにて『インスリンについて~手技と硬結~』というテーマで勉強会を開催しました[ひらめき]

image.jpg

司会は栄養科の東村さん、講師はBD(日本ベクトン・ディッキンソン)さんに務めて頂きました[ぴかぴか(新しい)]
糖尿病の患者様は色々な科で接する機会が多いので内科の医師・看護師だけでなく他科の看護師や薬剤師、管理栄養士、リハビリテーション科の理学療法・作業療法士など様々な職種の方が合計して35名参加して下さいました[るんるん]

image1.jpgimage2.jpg

みなさん真剣な眼差しで講師のBDさんの講義を聴いていますね[exclamation×2]


さて、今回の勉強会では表題にもあるようにインスリンについて勉強し、実際に患者様に指導する際の大事なポイントを1つ1つ学んでいきました[ひらめき]

image3.jpgimage4.jpg

右のスタッフは患者様になりきって実際に腹部へとインスリンを自己注射することをイメージしてやっていますね。


image5.jpgimage6.jpg

これは何を触っているかというと、インスリンを同箇所に打ち続けてしまうと出来てしまう硬結のモデルを触診しています。
硬結はインスリンの効果を下げてしまいます。少しずつ位置をずらしながらインスリンを注射し硬結が出来ないように打っていくことがポイントです[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

今後も糖尿病関連の勉強会を開催していく予定です[るんるん]
11月には糖尿病フェスティバルに合わせて患者様向けの勉強会も開催します。
近くなりましたら院内にて案内を掲示させて頂きます。皆様のご参加をお待ちしております[わーい(嬉しい顔)]


糖尿病フェスティバル開催準備委員会 スタッフ一同

共通テーマ:blog